2015年11月05日

小児歯科 予防と治療の考え方とは


現代人は口腔健康に注目してきました。歯科材料も進んでいます。小児歯科は難しい問題です。人々は歯の注目を高くなっていきます。ですから、歯の健康のために、よく歯の状況を注意してください。歯も器官の一部です。また、体の健康にも影響があります。いっしょに頑張りましょう。


大切なお子様の歯を守りましょう。お子様の虫歯は親の責任です。
歯磨き習慣はどうでしょうか?あるいは甘いものがすぐ手に届く環境になっていませんか?
「乳歯の虫歯はいずれ生え変わるから大丈夫」そんな風に考えていませんか?
実は乳歯が虫歯の状態の口腔内環境を作ってしまうと永久歯も虫歯になりやすくなってしまいます。ここでは、ほかのエアーモーターも必要になります。

虫歯ができてしまった場合は・・・
虫歯ができてしまったということは、それまでの生活習慣、生活環境が良くなかったとい
虫歯治療はあくまで後始末でしかないのです。
その後の生活習慣や生活環境を変えない限り再発します。

小児の虫歯治療の実際
小児の歯科治療で一番大きな壁となるのが、治療に対する恐怖心です。
一度トラウマを作ると歯医者ではもう二度とお口をあけてくれなくなってしまいます。
ゆたに歯科ではこの恐怖心を取り除き、お子様の気持ちを察しながら安心して
しっかり治療が進めれるようコミュニケーションをとりながら治療をしています。


お子様の虫歯ゼロを目指し、一緒に頑張りましょう。実は、生活環境を無視する人は少なくありません。いい生活環境は健やかな体の前提です。ですから、生活環境を保護しましょう。



Posted by ishinerdental at 16:45│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
小児歯科 予防と治療の考え方とは
    コメント(0)