スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2015年11月05日

小児歯科 予防と治療の考え方とは


現代人は口腔健康に注目してきました。歯科材料も進んでいます。小児歯科は難しい問題です。人々は歯の注目を高くなっていきます。ですから、歯の健康のために、よく歯の状況を注意してください。歯も器官の一部です。また、体の健康にも影響があります。いっしょに頑張りましょう。


大切なお子様の歯を守りましょう。お子様の虫歯は親の責任です。
歯磨き習慣はどうでしょうか?あるいは甘いものがすぐ手に届く環境になっていませんか?
「乳歯の虫歯はいずれ生え変わるから大丈夫」そんな風に考えていませんか?
実は乳歯が虫歯の状態の口腔内環境を作ってしまうと永久歯も虫歯になりやすくなってしまいます。ここでは、ほかのエアーモーターも必要になります。

虫歯ができてしまった場合は・・・
虫歯ができてしまったということは、それまでの生活習慣、生活環境が良くなかったとい
虫歯治療はあくまで後始末でしかないのです。
その後の生活習慣や生活環境を変えない限り再発します。

小児の虫歯治療の実際
小児の歯科治療で一番大きな壁となるのが、治療に対する恐怖心です。
一度トラウマを作ると歯医者ではもう二度とお口をあけてくれなくなってしまいます。
ゆたに歯科ではこの恐怖心を取り除き、お子様の気持ちを察しながら安心して
しっかり治療が進めれるようコミュニケーションをとりながら治療をしています。


お子様の虫歯ゼロを目指し、一緒に頑張りましょう。実は、生活環境を無視する人は少なくありません。いい生活環境は健やかな体の前提です。ですから、生活環境を保護しましょう。  


Posted by ishinerdental at 16:45Comments(0)

2015年11月04日

歯並びが悪くならないように予防ができる



歯並びが悪くなったらどうすればいいですか?現代、歯科医療の進歩につれて、歯の治療のレベルが高くなってきました。
本来は歯並びがきれいに並ぶはずの患者様でも、成長発育の過程における様々な要因で歯並びが悪くなることがあります。“歯が大きい”とか“あごが小さい”ことが原因であればこれは生まれつきの要因ですが、それ以外に、後天的な要因で歯並びが悪くなることがあります。ここには、ishinerの歯科材料をすすめします。


例えば、指しゃぶりを小学校に入学しても続けていると、前歯が開いて噛み切れない「開咬」という症状が出てくることがありますし、顎の運動に影響を与えるような位置に歯が生えてくると、たった一本の歯のために顎が曲がってしまい、顎変形症という外科手術をしなければ治らないような症状になることもあります。ここでは、ishinerのエアーモーターをおすすめします。


また、乳歯には、後ろから生えてくる永久歯のための隙間を確保するという重要な役割があるのですが、虫歯などの理由で早期に抜いてしまうと、後ろの奥歯が前に倒れてきて隙間を埋めてしまい、永久歯が生えてこられないこともあります。こうなると、前に倒れてきた奥歯を元の位置に動かす矯正治療が必要になりますが、乳歯を抜いてすぐに必要な処置をおこなえば、奥歯が前に倒れてくることもなくなるのです。

歯の美観のため、いろいろな努力を尽くします。一緒に頑張りましょう。そして、歯の健康のために、歯についての知識をよく読んでください。  


Posted by ishinerdental at 12:36Comments(0)

2015年10月29日

歯の着色とは


みなさんは自分の歯の着色に満足しますか?見た目がいいですか?

すべての歯の着色が、タバコ、コーヒー、紅茶、スパイスをたくさん使った料理などの外的要因によって引き起こされるわけではありません。ときには内的要因が着色の原因になることがあります。歯の内部から着色が起きるのです。歯への外傷、歯の生育が盛んな幼児期におけるテトラサイクリンを含む薬の服用、フッ素の過度の摂取などによって着色が生じることがあります。ここには、ishinerの歯科器具をおすすめします。是非口腔健康に役に立ちます。


一方、外的要因による着色は、口腔内のお手入れが不十分なことが原因です。歯の組織の表面が粗い方は特に適切なお手入れを怠ると、きれいで滑らかな表面に比べてよごれがつきやすくなります。

着色防止のためには、毎日の丁寧な歯磨きが大切です。ソニッケアーの歯ブラシなら、“音波水流”による強力な洗浄力で、コーヒー、茶、たばこによるステインを減少させる効果が研究によって実証されています。歯の着色を防止し、約1週間というわずかな期間で自然な歯の白さに近づけます。ここには、5倍速コントラアングルをおすすめします。

歯をきれいにしたければ、矯正治療をおすすめしますね。そして、口腔の健康のために、以上の注意点を覚えましょう。  


Posted by ishinerdental at 14:45Comments(0)

2015年10月26日

親知らずの特徴についての話題


親知らずが生える人は多くなりました。では、親知らずの特徴を知っていますか?一緒に入りましょう。ここには、ishinerの歯科機器をおすすめします。
(1)むし歯・歯周病になりやすい
一番奥に生えるため、歯ブラシの毛先が届きにくく、プラーク(歯垢)除去が困難です。そのため、むし歯や歯周病のリスク(危険度)が高くなります。


(2)正常に生えない場合が多い
斜めに生えたり、横向きに生えるなど、正常に生えない場合が多くみられます。

(3)「智歯歯周炎」の発症
斜めに生えてきた場合、歯と歯肉の間に袋状のすき間ができます。ここにプラーク(歯垢)や食べかすがたまると歯肉に炎症を起こし、腫れや痛みが起きます。このような状態を「智歯周囲炎」といいます。ここで、ishinerのエアータービンをおすすめします。

炎症がひどくなると口が開けにくくなったり、飲み込むときに痛みをともなったりします。

以上は親知らずの特徴についてのことを紹介いたしました。みなさんは覚えましたか?医療技術は前向きに進んでいます。口腔健康に働きをすることができます。しかし、日常生活に歯を健康に保つべきです。  


Posted by ishinerdental at 15:35Comments(0)

2015年10月21日

レーザー処置



レーザー処置という歯科材料を利用する人がおおくなってきました。なぜかというと、現代、歯の健康状況を注目する人々は多くなりましたから。では、レーザー処置はなんでしょうか?きょうは一緒に勉強しましょう。

レーザー処置とは、光のエネルギーを生体の表面で熱に変え、悪い所を除去する方法です。
レーザーは、とても強いエネルギーをもつ光。太陽の光や懐中電灯、照明器具などの光とは違って拡散しないので、エネルギーを一点に集中させることができます。ここには、歯の治療にいい歯科材料をおすすめします。これは5倍速コントラアングルです。

又、エネルギーの約90%が水分に吸収されるので、 生体組織での吸収率が非常に高く、組織表面でほとんど吸収されてしまうので、人体への影響がほとんどありません。

以上はレーザー処置を紹介いたしました。歯の健康のため、口腔内をきれいに保ちましょう。もちろん、体にもいいです。
  


Posted by ishinerdental at 15:10Comments(0)

2015年10月20日

歯と健康のお話


最近、歯の健康の話題が流行っています。きょうは一緒に討論しましょう。
あなたは、舌を見たことがありますか?
牛タン。豚タン。美味しいでしね?スライスで食べるでしょう?塊のままじゃ、巨大すぎるから。(歯科機器
それでは、あなたの舌は?
ここで、鏡を取り出してそ〜っと口を開けて舌の位置を観察してみてください。歯の治療にもコントラアングルを使うことができます。

舌はどこにありますか?
上顎にくっついてる?
下の歯の上にのっている?
下の歯の中に埋もれている?
それから、表面も観察しよう。
舌の縁に歯のデコボコが印記されていないかな?
舌の真ん中に溝がないかな?
歯医者で舌を観察してもらったことがある人はいますか?
舌の正しい位置の正解は、上顎にペッタリだ。
舌の表面には、溝も型もついていないのが正解。
以上は歯の健康について紹介いたしました。歯の健康のために、一緒に頑張りましょう。  


Posted by ishinerdental at 15:31Comments(0)

2015年10月19日

高齢者と嚥下性肺炎


嚥下性肺炎とはなんでしょうか?
80才までの自分の歯を20本保って元気で明るく活力のある人生を送ろうという8020運動とういうのをご存知の事と思います。
日本は今、世界に例のない急速な高齢社会をむかえつつありますが、長生きをして健康でおいしいものを自分の歯で食べられるというのは一番幸せなことであって誰のもの願いなのではないでしょうか。ここには、ishinerの歯科材料をおすすめします。


むし歯や歯周病が糖尿病、心臓病、その他の病気に関係することもわかってきていますが、よく噛むことが脳への血流をよくして脳の発育に影響し若年者においては頭脳の発育に影響を与えると言われます。高齢者においてはボケや脳梗塞にも大きく関係してくるようです。ishinerのコントラハンドピースをおすすめします。

そしてもうひとつ大切な問題は口の中の衛生状態が肺炎の大きな原因になることです。その嚥下性肺炎について簡単に述べてみましょう。

以上は嚥下性肺炎についてのことをご紹介いたしました。体の健康のために、よく運動したほうがいいと思います。

  


Posted by ishinerdental at 14:50Comments(0)

2015年10月13日

予防とは


現代人は歯の健康を注目してきました。しかし、歯の健康について、歯を健康に保つために、どうすればいいのですか?
現在では歯が痛くなってから歯科医院に行くのではなく、痛くなくても検診を目的に行くようになりました。ここには、ishinerの歯科器具をおすすめします。どうもないのに歯科医院に行くのです。それが「予防歯科」の考え方の一つであり、これから目指すべき医療だと思います。

その治療したことで改善した口腔内の状態を永久に保つこと、それが当クリニックの考える「予防」つまり歯の健康なのです。ここには、歯の治療にいい減速コントラをおすすめします。

子供さんでも大人の方でもこれまで歯医者のお世話になったことがない、というくらい健康な口腔内の持ち主の方は、今の状態を継続しましょう。治療が必要だった方は再発しないように管理していきましょう。

口腔は体の健康に関わっていますので、よく歯科医院に行って、歯の健康状態を留意したほうがいいです。毎日、食べ物を食べたら、口腔内に残した食べ物や最近があります。ですから、よく歯を清潔に保つのはとても大切です。毎日少なくとも歯を2回磨きべきです。そうすれば、歯をきれいにします  


Posted by ishinerdental at 14:41Comments(0)

2015年10月10日

歯性感染症


歯性感染症ってしていますか?口腔内の細菌とても多いです、よく口腔を清潔に保つべきです。
口腔内の細菌により、強い腫れや痛み、膿が溜まる、発熱などの症状がおこる場合があります。これは虫歯や歯周病などの歯が原因とされています。ここには、ishinerのエアータービンをおすすめします。

必要な歯科器具はいろいろありますが、適切な治療を実施しないと更に悪化してしまいますので、局所の洗浄、内服による抗菌薬治療、切開(膿を出す)などで消炎処置を行ったのちに、原因歯の治療を行います。
口腔内の細菌とても多いですから、毎日少なくとも二回歯を磨くべきです。歯の健康のために、一緒に頑張りましょう。

  


Posted by ishinerdental at 14:56Comments(0)

2015年10月09日

歯と歯ぐきについて


歯と歯ぐきの間に出来た溝が6mm以上の深さに達すると、いくら心を入れ替えて歯磨きに励んだとしても、もう自力で治すことは出来ません。
この時期になると、歯がグラグラと揺れるため、硬いものを噛むとき痛みや不安を感じます。ここには、歯科器具は必要になります。また、口臭もきつくなり、人と対面で話をすると相手に迷惑がかかるほどに成ります。年齢は、40代の方から徐々に見受けられ、ご高齢になるに従って増加傾向に有ります。

そのような方は、昔から硬いものを好んで食べておられたため、顎(あご)を動かす筋肉が人一倍発達していて、食事の度に歯に掛かる力も相当強力です。一方、歯を支える骨は当時の半分以下にまで減少しているため、歯はかなり弱っています。

にもかかわらず、顎の筋肉はそんなことにはお構い無しで、相変わらず強い力で食べ物を噛みつぶしますから、その負担に耐えきれずに歯は炎症を起こします。そうなると、歯周病菌による炎症と筋肉の力による炎症が、ダブルパンチで歯をダメにしてしまい、それとほぼ同時期に多数の歯が抜けて行くことに成ります。(コントラハンドピース
歯と歯ぐきを健康に保たなければなりません。なぜかというと、これは口腔の重要な部分です。食べ物を食べるとき、痛くないんです。
  


Posted by ishinerdental at 14:46Comments(0)